洗顔石鹸を使用した正しい顔の洗い方とは

毛穴の開きや、黒ずみが気になる人は、洗顔石鹸による正しい洗顔ケアで、毛穴汚れを取り除くようにしましょう。洗顔ケアには、正しい手順やコツがあります。ぬるめの湯を用意して、洗顔用のネットと、顔を、十分に濡らしておきましょう。皮膚に留めておきたい油分を洗い落としてしまわないためには、ぬるま湯は体温くらいにしておきます。泡立て用のネットは、水分を含ませすぎると泡が弱ってしまうので、軽く絞って適度な水分を残しましょう。弾力のある泡をたくさんつくって、顔に塗り伸ばしていきます。円を描くイメージで、優しく伸ばしていきましょう。泡を皮膚の上でくるくると回すだけで、脂栓も毛穴の中から溶け出してきます。あまり強くこすろうとしなくても大丈夫です。指の腹が顔に触れないくらいの泡だけで皮膚を包んで栓化繊するようにします。円を絵がくようにして洗うようにするといいでしょう。洗顔をした時の泡が皮膚に残ると肌を傷めてしまいますので、ぬるま湯を使って顔全体の泡をきれいに洗い流します。泡が完全に洗い流されるまで、10回以上をめやすにぬるま湯で顔をすすぎます。注意しなけばならないことは、顔をこすらないことです。ぬるま湯を顔にあてることで、泡が流れていくようにしましょう。吸い取りのいい、柔らかいタオルで顔を拭けば洗顔は終了です。顔をタオルでこすらないように、水分を押し当てるようにすい吸い取っていきます。適切な洗顔方法を覚えることで、お肌に負担をかけずに汚れを取り除き、きれいな状態をキープしておけます。
すっぽん酵素はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です